« That's MIT! | トップページ | Design Challenge #2 is Over! »

2007年1月24日 (水)

Snow Again!

20070123_11 昨日の夜は久々に雪が積もりました。
窓のない部屋に4時間いただけなのに世界ががらっと変わってびっくり。ずーっと暖冬だったのだが、最近は最低気温が-10度以下、最高気温は零下と言う日も多くてめっきり冬らしくなってきた。風も強いし、10分も外を歩くと頭がキーンとしてくるので、マフラー、帽子、手袋と完全防備は必須。

雪は今朝も残ってたのですが、驚いたことに朝でもパウダースノー。踏みしめる度にキュッキュッとスキー好きにはたまらない音が今年は悲しく響く。
それでも道には大量の岩塩が撒かれるので人&車通りの多いところはほとんど凍りません(思わぬところが凍っててこけそうになるけど)。でも岩塩撒くのはやめて欲しい。ところによっては塩化カルシウムを撒いているんだけれども、それでもとにかく大量に撒くので乾いたところは真っ白。靴の裏も車のタイヤも真っ白。大学の廊下ももちろん真っ白。道ばたには雪か塩かわからない白い塊がそこら中にあるし、道は歩道も車道も小粒の石英のような透明かピンクの塩でジャリジャリです。

そろそろ車も洗わないと春になるまでに錆びつきそう・・・・て、無駄か?

最後に、構内にちょっこり座ってた雪だるま。
20070123_12

« That's MIT! | トップページ | Design Challenge #2 is Over! »

コメント

>歌島さん
gakiさんの指摘通り、塩でさびます。特にハイウェイを走ると車全体が真っ白ですのでトランクには補充用ウォッシャ液常備です。
雪だるまは、そのとおり3頭身が基本みたいです。写真ではわからないのですが鼻がすごく高いのも日本と違うところかと。

>gakiさん
なるほどRust Proofですか。ありがとうございます、聞いてみますね。というか無いとやってられなさそうです。
でも汚れた上から塗られないかというあり得ない不安がよぎるのがアメリカです(笑)


僕のブログ11/3の記事にも書きましたが、モントリオールではRust Proofingというサービス(ある種のオイルを使ったさび止め)を冬の前に行うのがとても普通に行われます。

同じく塩害(笑)に苦しむ同志と聞いていたのですが、ボストンではRust proofingはないのかな?

海岸に住んでいると、潮風の塩分で車のボディがやられる(穴が開いたり)と言いますが、このような冬の岩塩で、被害は出ないのかな。

米国の雪だるまは、なるほど3層なのですね。先日、日本のテレビのクイズでやっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« That's MIT! | トップページ | Design Challenge #2 is Over! »