« Classes of Jan. 2007 | トップページ | Copy Tech »

2007年2月 9日 (金)

授業 System Architecture (Vol.2)

20070208_1 アーキテクチャーという言葉は非常に日本語にしにくい言葉だと思う。辞書を引くと、「構造, 構成, 設計, 体系(主に建築物)」とあるがどの訳語も和英辞典を調べると複数の英単語が見つかるし、普通はピンと来ないだろうし説明するのが難しい。
実は英語でも定義が難しい言葉の一つであって、定義は人によって様々なのだ。
本授業の教鞭を執るCrawly教授の定義でも複数の表現がある。
「システムの構成要素と、その要素間の関係を抽象的に表現したもの」
「概念を実装したもの、物理・情報に関わらず機能を構成要素に割り当てたもの、構成要素間および外部環境とのインターフェースを定義したもの」

どうしても抽象的になってしまうのだが、図解つきで解説している「最新システムエンジニアリング情報館」も参考にして欲しい。そして、実際の例で非常にわかりやすい図がCanonが提供しているカメラのシステムマップだ。ここにはまさに購入者が手にするカメラのシステムの構成要素と外部の要素間の関係、インターフェースがわかりやすく示されている。

さて、アーキテクチャーに馴染みが有ればこのシステムマップはEOS300Dのシステムの第一階層しか表していないことに気がつくだろう。つまりカメラのボディであれレンズであれ、複数の要素の組み合わせからなっており、その分解された要素も複数の要素の組み合わせ、とさらに分解することができる。この階層的な構成を教授はFormと呼んでいる。

ここで気をつけたいのは、上の図に有るような笛の構成要素は曲げた金属の板一枚という見方もできるが、それは笛というシステムを上手く表現できているだろうかということ。構成要素とはそのシステムの特徴や構成を表す要素であるので笛は「突起」「管」「傾斜路」「穴」「空隙壁(長細い笛なら単に管の場合もある)」などから構成されていると考えた方が上手く表現できているのではないだろうか。

それでもシステムを表現するには、これらをブロックで表したFormの図だけでは不十分だし、例え補足して十分にシステムを表現できたとしても、その外側にある要素との関係も考える必要がある。(つづく)


ちなみに僕の考えが正しい保証は無いので、間違いの指摘や質問等は大歓迎ですので気軽にお願いします。

« Classes of Jan. 2007 | トップページ | Copy Tech »

コメント

>いまさん
「先述のような外部要素」が指すのは「カメラを使う人や、被写体、空気、雨、太陽光など」です。

延長という表現は良くなかったかもしれませんが別の表現で説明すると、カメラEOS 300DのBundled Systemの外部にある要素は、それらを含めるとカメラの機能を充実、補完、拡張されたシステムとして表現できていることがわかっていただけるでしょうか。
一方で先述の外部要素はシステムの機能や価値を増やす役割を果たしませんからアーキテクチャ図には出てこないわけです。

機能は明確に記述されていませんが、このカメラシステムが示しているのはのアーキテクチャ図だと考えるのはそう言うわけです。

>僕の理解ではコンテクストにはシステムと
>関係を持つあらゆる物が含まれてきます。

同じ理解です。『システムと外部との関係を表しているのがコンテクスト図』と理解しています。

>一方でアーキテクチャは、システムを構成
>または補完、延長する物(情報含む)と機
>能の関係を表しているものですから、先述
>のような外部要素は含まれてこないと考え
>ています。

延長するものというのがよくわかりません。外部とのやりとりをあらわしているのでしょうか?外部要素は含まれないことには同意です。『システム内部の構成を表す青写真がアーキテクチャ』だと理解しています。

ともに今現在の理解です。正しい保障は僕もありません。

>imaさん
コメントありがとうございます。
笛についてはご指摘のとおりです。材料を提供したり加工する人から見ると金属の板と分析するでしょうし、開発側から見ると僕が考えるようになるでしょう。誰が何のために要素分解するかによって表現は変わってくるのでそこを認識して表現することが重要だと思います。

カメラについてですが、imaさんの考えるアーキテクチャとコンテクストの違いは何でしょうか?
僕が思うにはカメラのボディ単体でも、売られているパッケージでもどちらをシステムと定義したときにもアーキテクチャを示していると思っています。
僕の理解ではコンテクストにはシステムと関係を持つあらゆる物が含まれてきます。カメラを使う場面を想定すると(Use Context)、カメラを使う人や、被写体、空気、雨、太陽光なども含まれます。一方でアーキテクチャは、システムを構成または補完、延長する物(情報含む)と機能の関係を表しているものですから、先述のような外部要素は含まれてこないと考えています。
この議論は非常に重要だと思うんですが、アーキテクチャを解説している記事や図書でも明確に答えてくれているものがなかなかみつからないので僕も模索中です。

 <笛>
 構成要素を物理の観点からだけ見ると、「曲げた金属の板一枚」ということになるとおもいますが、割り振られた機能に基づいて見ると、bigakiraさんのいうような構成要素に分けたほうがあっていると思います。

 <カメラ>
 あの図はカメラの付属品をあらわしているように思えるので、「カメラシステム」でとらえると確かにアーキテクチャをあらわしてるといえると思うんですが、「カメラ単体」でとらえるとアーキテクチャをあらわしているというより、むしろ「コンテクスト図」に近いなぁと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Classes of Jan. 2007 | トップページ | Copy Tech »