« 授業 System Architecture (Vol.2) | トップページ | Open Course Ware »

2007年2月11日 (日)

Copy Tech

20070210_1 たいていの授業では指定の教科書が有るのだけれども、授業によってはそれ以外にも色々と読んでくるように指定されることがある。しかも色々な本のごく一部だけを読んでくるように言われるのだから全ての本を購入していてはたまらないし、かといって大学側としては違法なコピーが学生間ではびこるのを黙ってみているわけにはいかない。
ということなんだと思うのだけれど、MITでは教授が読ませたいところだけをコピーして綴じた"Course Pack"なるものが作成され、構内に数カ所ある"Copy Tech"なるところで売られている。MITはなんでもかんでもTechをつける風潮があるが特にハイテクでも何でもない。オンラインで申し込める事を除いては、単なるコピー本販売所である。

春学期に僕が取っているマーケティングの授業ではこれを購入するように求められているけれども、ジャーナル、雑誌、図書から抜粋された13の記事や章が掲載されている。
もちろん著作権と版権はあるので$48もしたし、中にはコピー1冊で$100を超えるものまである。

それでもすごく理にかなっているし良いシステムだなと感心したのでした。

« 授業 System Architecture (Vol.2) | トップページ | Open Course Ware »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業 System Architecture (Vol.2) | トップページ | Open Course Ware »