« WINDS愛称募集 | トップページ | ものづくり ~Customer Needs~ »

2007年6月30日 (土)

ものづくり ~プロジェクト失敗の原因~

20070629_1 とあるレポートによるとプロジェクトが失敗する最大の原因は、プロジェクトが製品開発を進めるための拠り所とする「要求」が間違っていることだと言われている。もちろん失敗する理由はその他にも山のようにある。ドストエフスキー(だったかな?)が言ったように「幸せな家庭は皆一様に幸せだが、不幸な家庭が不幸である理由は様々」なのだ。

この要求は顧客や製造、運用、廃棄、販売、組織運営、その他そのプロジェクトが開発する製品に関係するあらゆるところからプロジェクトに対して出される。それらの要求が間違った事実に基づいていた(なんとこれが一番多い!)、見落としていた、一貫性を欠いていた(矛盾していた)、曖昧で一意的に解釈できなかった、などがプロジェクトを失敗に導く。もちろんプロジェクトが始まる時にあらゆる要求を100%知っておくのは不可能だ。なので開発を進めながら常にフォローしていかなければならない。柔軟に対応できればいいけれど、時既に遅しということは往々にしてある。そんな場合はそれを制約条件として、ベストな道を進むことになる。

更に始末が悪いのは、そもそも間違った要求が出てくることさえ日常茶飯事だということ。つまり、顧客を含め、要求を出す側が常に正しいことを言っているとは限らないしそれに真正直に応えようとすると苦労するのは多くの人が経験していることではないだろうか。

開発を進める中で変化する要求を漏れなく把握する事に加えて間違った要求を見つけて修正していく。これは決して楽な事ではないし、だからこそ多くのプロジェクトが失敗するわけだ。残念ながら、これは膨大な作業を地道にねばり強くやっていくしかない。万能な特効薬は存在しないのだ。

それでもどういう考え方でどういうツールや方法論を使えば多少は効率的に進められるかと言うことをシステムズ・エンジニアリングは教えてくれる。それをこれから少し具体的に掘り下げて行こうと思う。

« WINDS愛称募集 | トップページ | ものづくり ~Customer Needs~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/6978378

この記事へのトラックバック一覧です: ものづくり ~プロジェクト失敗の原因~:

« WINDS愛称募集 | トップページ | ものづくり ~Customer Needs~ »