« アメリカ | トップページ | System Dynamics(その8) »

2007年7月30日 (月)

うどん

20070729_1 今日、初めてうどんを打ってみた。自分ではそばもうどんも同じように好きだと思っていたし、ボストンでは加ト吉の冷凍うどんでさえも日本の倍の値段とはいえ売っていて、生麺以外は大体そろうのだけれど、やはり関西人のソウルフードであるうどんは生麺を食べないことに我慢できなくなってきたようだ。
ちなみにボストンに来て8ヶ月近く(そう、もう8ヶ月なのだ)経つけれど、そばは一口も食べていない。一番食べているのはやっぱり野菜を含めて材料が安くて充実しているパスタ、次にインスタントラーメン、うどんと続く。

レシピは4月からジュネーブに住んでいる友人のハイジさん夫婦(日本人)に1ヶ月以上前に聞いていたのだけど、ようやく今日時間を見つけて作ることができた。

20070729_2 うどんを打つのには中力粉を使うのだけれど、手近には何故か売っていないので薄力粉と強力粉を半々で使うことに。冗談みたいな話しだが本当にそれでよいらしい。
とはいえ、こちらで売っているのはもちろんアメリカ産。日本でうどんに使われている小麦粉のほとんどは、うどん向きのオーストラリア産だし出来れば日清製粉のマル香ものがあれば言うこと無いけれども贅沢は言えない。

そして朝から取りかかった結果、お昼の食卓にはそれは見事なクリーム色に輝くつるっとした讃岐うどん張りの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

からはほど遠い、ややグレーの縮れ麺が出来た。ちょっとざらっと感も残ったし讃岐うどんへの道は遠い。

20070729_3 とはいえ味は讃岐うどんとしてこちらで売っている乾麺よりはおいしく出来たのでひとまず満足。
今回は葱、生姜、醤油でぶっかけにして、わしわしっと食べてしまった。

ボストンにいる間に、もう少し旨いうどんを打てるように頑張ってみたいと思う。
友人が送ってくれたビデオの中に映画「うどん」がたまたま入っていたので、これも見ねば(笑)。

« アメリカ | トップページ | System Dynamics(その8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/7326435

この記事へのトラックバック一覧です: うどん:

« アメリカ | トップページ | System Dynamics(その8) »