« System Dynamics(その4)~ビア・ゲーム~ | トップページ | System Dynamics(その6)~ビア・ゲーム3~ »

2007年7月25日 (水)

System Dynamics(その5)~ビア・ゲーム2~

20070724_sd5_beergame2_1 アメリカは意外とお酒に厳しい。買うときにはほとんどの場合に身分証明証で生年月日を確認されるし、公園や道ばたでアルコールを飲むことは禁じられている。さらには車の後部座席に空き瓶が転がっているだけでも飲酒運転をしたと見なされてしまう。飲むときも楽しい範囲で飲むのが基本なので、日本の感覚でいると問題を起こしかねないので注意が必要だ。

それでもアメリカ人はやっぱりお酒が好きなので、ゲームの名前はビア・ゲーム。
ルール説明に入ろう。
20070724_sd5_beergame2_2
ゲームの目的は、各会社が持つInventory(在庫)を最適化することにある。ビールをストックしておくことでかかる費用は各週の在庫量×$0.5で計算する。なので納入された量だけ売って在庫はなるべく少なくしておきたい。
しかし品切れを起こすと、その分売るチャンスを逃すことになって損失を被る。幸い全てのお客さんが納入を待ってくれるのでBacklog(予約待ち)を抱えることになるが、その費用は予約待ち量×$1.0で計算する。

そして一番重要な制約事項として、各社間でのコミュニケーションは一切取ってはいけない。次にどれだけのビールが納入されるかも、なるべく見てはいけない。

さて、ゲームを進める手順は以下の通りだ。

  1. 各自のInventoryの1マス左側にあるTransport delayのビールを下流側に納入すると同時にInventoryの1マス右側にあるTransport delayのビールを受け取ってInventoryに入れる
    1. 結果、自分の左側のTransport delayだけが空いているはずだ
  2. Incoming Ordersにある注文票に書かれた数と予約待ち分を合わせた数だけ、Inventoryから左側のTransport delayに送る。在庫が足りなければその分をBack logに足しておく。
    1. つまり予約待ちが4ケースあったのに、今週の納入分も合わせた在庫は2ケースしかなく、注文が8ケースだった場合は予約待ちが合計10ケースになる
    2. RetailerはCustomerに送り込む
    3. その週の在庫量、予約待ち量をメモしておく
  3. 使い終わったIncoming Ordersの紙を捨て、Outgoing Ordersに置いてあった先週の注文票を右隣の会社のIncoming Ordersに伏せたまま送り込む
    1. FactoryはOutgoing Ordersに置いてあった注文票に書いていた数だけ、無尽蔵のRaw Materialから隣のTransport delayに送り込む
    2. RetailerはCustomerの位置から購入数が書かれたカードを1枚伏せたまま取って自分のIncoming Ordersの位置に置く
  4. 自社のメンバーだけで相談して(もしくは自分だけで)今週の注文数を新しい注文票に記入してOutgoing ordersの位置伏せてに置く

これを延々と繰り返す。
ただし、最初の5週まではずっと4ケース注文して、4ケース流すと言うことを強制的に行って、それ以降は自由に進める。

お客さんが毎週買いに来る数はあらかじめ設定されているが、途中で大きく増えたと思ったら大きく落ち込み、しばらくするとまた定常に近くもどるのが基本パターンのようだ。そしてゲームはプレイヤーの意表を突いて36週目で終わらせるのも基本のようだ。
終わったら各週の在庫量と予約待ち量から各社の総コストを計算して、全4社の合計コストをそのテーブルの総コストとする。

本当に簡単なゲームなのだけど、実際にやってみると誰もが驚くべき結果が待っていた・・・・・。

写真はSamuel Adamsのミックスパッケージ。6種類の味が楽しめてお得なのだ。
もちろんこの他にも季節限定ビールなどが店頭には並んでいる。

« System Dynamics(その4)~ビア・ゲーム~ | トップページ | System Dynamics(その6)~ビア・ゲーム3~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/7270927

この記事へのトラックバック一覧です: System Dynamics(その5)~ビア・ゲーム2~:

« System Dynamics(その4)~ビア・ゲーム~ | トップページ | System Dynamics(その6)~ビア・ゲーム3~ »