« Top 10 Reasons | トップページ | Sales Tax Holiday »

2007年8月11日 (土)

Identity Crisis??

20070810_1 夏学期の山場がやってきた。授業の前後はもとより朝晩関係なくミーティングルームで議論を交わす熱い声が聞こえてくる。ご飯もミーティングをしながら済ませることもしばしば有るけれど、昨日は授業の後にサッサとミーティングを済ませてチームメイトの一人と木陰で気持ちよくランチを取った。
彼は、とある防衛産業に勤めるアメリカ人だけれども、育った文化や趣味に共通点があって何かと話しが合う。それで日頃から結構込み入った話も気軽に出来る仲なのだがそんな彼からいきなり出てきた言葉が

「最近、俺、アイデンティティ・クライシスかも」

だった。突然すぎて一瞬何のことかわからなかったけれど、要するに自分を見失っているということである。よく聞いてみると、卒業したあとに自分は何が出来て何をしたいかがわからなくなっているというのだ。彼はMITでコンピュータサイエンスの学士号を取り、エンジニアとして一流企業に就職し、SEを学ぶためにSDMに来ている。まだ20代で若い上に優秀だしキャリア上はとても順調そうに見えるのでとても意外だった。

エンジニアリングとは言いながら政治と企業間の駆け引きが支配的な防衛産業に嫌気がさした事に加えて、システムエンジニアの仕事を続ける前に特定の技術分野での専門性を伸ばしたいと思った事がきっかけらしい。

僕はどちらかというと1つの技術や特定の事象を突き詰めていくよりも、押さえるところを押さえて全体のバランスを取りながらチームで良い物を作るかということを考えていくことの方が好きなので、SEのプロセスやこのブログで紹介したようなSEツールを駆使できるようになりつつシステム設計が出来るようになりたいと考えている。もちろん彼のような悩みが全くなかったかというと嘘になるけれど、ハッキリ言って今は無い。

とにかくその辺は好き嫌いの問題なのでどうしようもないけれど、若いときにシステムエンジニアの道に進んでしまうとこういった悩みを持ってしまうことが多いのかもしれない。
確かにシステムという広い範囲を扱う前に、1つの分野をまずは極めたいと言う気持ちは普通なのだろう。これはとある上司の言葉だけれど、僕は多くの分野で2番になればいいと思っている。

問題は2番になろうと思ったら、たいがい1番になる気でやらないとなれないことなのだが・・・

いや、もちろんその気になったとしても簡単になれるってもんじゃないけど・・・・

« Top 10 Reasons | トップページ | Sales Tax Holiday »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/7494748

この記事へのトラックバック一覧です: Identity Crisis??:

« Top 10 Reasons | トップページ | Sales Tax Holiday »