« Last Dinner | トップページ | Good night, Cleveland! »

2007年10月20日 (土)

縦と横

20071019_1 アメリカやヨーロッパの人たちは何か課題や問題に直面したときに、それを出来るだけ細かく分解しようとすると同時に、その問題が上位の何に起因しているかを個別につないでいく傾向があるように思う。その結果、最上位の課題や問題から下位にどんどん分岐していくツリー構造ができあがることになる。
実際にアメリカ人と一緒に勉強していると、課題を適当に列挙した後は個々に"why?"を繰り返して上下の階層に広げていこうとする傾向が強い。その反面、同じ階層にある課題同士の関係を詳細に考察したり関連づけたりすることはあまり興味がない。あくまで上に遡って上位の階層で関連づけようとする。同じ階層にあるものは出来るだけ分離して関係をシンプルにしたがる傾向がある。物事を出来るだけ縦のつながりで考えるというわけだ。

一方で、日本人は課題や問題に直面したときに、それに関連する事柄を出来るだけ集めてその関係を紐解こうとする傾向があると思う。つまり、下手をするとあまり階層がどうとか考えずに全ての違う階層の事象を一緒くたに扱って、それぞれの関係を分析したがるということだ。よしんば物事を階層的に綺麗に捉えられたとしても、個々の事象をツリー構造状に結びつけるよりも同じ階層の物同士を関係づける事に注力しがちだと思う。物事は横の関係で考える。

どちらにも善し悪しがあって、上に述べた欧米式の考え方では1つの階層に注目してみると、個別の物事同士の関係を協調させて考えるのが難しくその階層を最適化するのは難しいし、まとまりが無くなって細部にボロボロと問題が出てくる危険性がある。
日本式の考えでは、個々の階層は綺麗に最適化する事が出来ても、上位下位の階層との結びつきが曖昧になってしまって物事の本質を見失ってしまったり、個々の関係は明確でも全体としてバランスが悪くなってしまう危険性がある。

もちろん全てがこれに当てはまるわけではないけれど、自分の経験を元に考えるとこの傾向はあながち間違っていないんじゃないかと思う。
とある教授によると欧米で見られる「縦」の関係重視は16世紀のイタリアのルネサンスやにある「個の復権」や19世紀の産業革命によってもたらされた「分業化」に起因していて、日本で見られる「横」の関係重視は明治維新で文明開化したにもかかわらず封建制度の精神が今もそのまま残っているかららしい。

Systems Engineeringは日本で「系統工学」中国で「系統行程」と、どちらかというと「縦」に注目した欧米の文化に合っていると考えられている気がするけれど、SEやPMの授業を受けていると、どうも、「横」の関係をもっと取り入れてSEを実行することが大事だ、と言っているんじゃないかと思えることが度々ある。

ということで、当たり前の結論。「何事にもバランスが大事」。

日本のSystems Engineeringを良くするには日本が誇るところは誇って、欧米に学ぶところは学ぶべきということだ。
問題は縦横のバランスを見直すに当たって、その縦横のバランス感覚を持って取り組めるかだけど。

« Last Dinner | トップページ | Good night, Cleveland! »

コメント

>うっちーさん
こめんとありがとう。
封建制度の精神が残っているって言うのは、治世者が代わっても社会構造があまり変わらなかったということが大きいんだと思うよ。

明治維新はフランス革命のように民衆が起こした訳でもないし、庶民にとっては結局は民主党が自民党にとって変わったくらいの変化しか無かったんじゃないかなと思ったりしてます。

あと欧米の企業だと職位が1つ違ってもラインが違えば個人間の上下関係はあまりないのに対して、日本の企業だと職位が1つ違うだけでもラインに関係なく上下関係が決まるというのも典型的な縦と横の文化で説明できると思うよ。

これ面白いね。

中国人は?インド人は?とか考えていくと、一冊の本が書けそうやね(笑)

>封建制度の精神が今もそのまま残っているから

これってお上が言うことは変えれないから、自分の階層だけを考えるようになったってことなのかな?

ちょっと違うかもしれんけど、既存のルール自体を変えてしまうって発想が日本からでにくいのも関係してたりするのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/8515972

この記事へのトラックバック一覧です: 縦と横:

« Last Dinner | トップページ | Good night, Cleveland! »