« Zipcar、やっぱり!な使用感 | トップページ | Thanks Giving »

2007年11月22日 (木)

勉強不足

20071121 一昨日はちらほらと白い物が舞っているだけだったけど、昨日は本格的に初雪が降った。最低気温が氷点下になる日が増えてきたし、夕方4時半にもなればすっかり日も暮れる。既にしっかりと冬なのだ。
日本でも寒波がやってきているみたいだけど皆さん元気ですか?

そんな中、昨日は論文アドバイザーのDonnaとの定例ミーティング。これから書く最終章のプロットとこれまでの章のレビュー結果のディスカッションが主題だ。これまでに書き上げた章のレビューもかなり簡単に済んで一番時間がかかったのが英文法や不明確な表現、伝わらない表現の手直しだったからちょっと申し訳ない。
最終章の構成やあらすじ、書こうと思っている大まかな内容について少し議論した結果、OKをもらってミーティング自体は20分で済んでしまった。

あまり大きな問題も指摘されず終わってしまったのでちょっと拍子抜けすると同時に不安にもなる。かなり厳しい指摘が飛んできたり、分析が足りないと判断されて追加を求められる教授に当たっているクラスメートもいるので色々覚悟はしていたのだが。幸い僕の指導教官は「僕がこの修士論文を元に研究職に就くわけではないこと」「SDMというコースがどういうところで、僕が日本に戻ってエンジニアとしての仕事を続けること」を理解してもらった上で指導してくれているので、博士課程の学生よりは多少甘いところは有るんだろうけれど、何もなければないで不安になるから不思議なものだ。

でも内容はちゃんと読んでくれているし、産学の両方で経験豊かな研究者なので合格ラインには乗っているのだろうと自分を納得させながら挨拶をしてDonnaの部屋を後にする。と、ふと呼び止められて一言声をかけられた。

「あなたの論文、いい物になると思うよ、うん。」

その一言で薄暗く寒い雪の午後も輝いて見えるから、我ながら単純である。

 

研究をしていて思ったことを少し書こう。

今僕が取り組んでいる研究は、自分の仕事で経験した事例と欧米で行われている似た事例の分析だ。実はその経験した事例というのは欧米でうまくいっている方法論を試してみようとして結局うまくいかなかった事例なのだ。失敗した原因は色々ある。システムズ・エンジニアリングの観点からして間違ったことをしていたり、やるべき仕事を間違った順序でやってしまったり、文化的に合わないことをやろうとしてしまっていたり。

当時は日本での先行事例なんて全くなくて(今でも無いのかもしれないが)暗中模索ながらも正しいことをやっているつもりだったのが、研究を進めていくにつれて全く的はずれだったと思えることが少しずつ出てくる。経験が無かったり物事を知らなかったせいもあるし、それが今客観的に分析できるのは自分が成長した証拠でもあるのだろう。

それでも自省の念に駆られるのは、当時仕事に取り組んでいたとき、いかに自分が勉強不足だったかと思い知らされるからだ。
これを知っていれば、あの失敗や無駄な努力はせずに済んだなと思うことがいくつかある。知っていればこういう考え方もできたし、ああいう事にも挑戦できたはずなのにと思うこともある。自分の会社や産業分野で実際どうやっているか知っておくべき事を知らなかったこともある。極めつけは自分でやっていることや判断基準が実際はとても曖昧で他人に説明できるものではなかったりすること。

確かに職場の内部環境では入手できなかった情報も多いし、仕事に手一杯で新しいことを自分で学ぶ暇を見つけるのが簡単ではないのも確かだけど、やる人はやっている。

教科書や論文を読むだけが「新しいことを学ぶ」方法ではない。個人でも団体でもいいからハードウェアを作ってみたり、設計してみたり、ソフトウェア組んでみたり。知人と情報交換してみたり、気になることを議論してみたり。
現在進行中の仕事や将来やりたい仕事のために、上司からは求められはしないけれどやらなきゃいけないこと、できることってまだまだ沢山ある。

良い仕事を楽して成し遂げるために努力するサイクルをどうやって自分の中に作ろう

最近そんなことをよく考える。

それでは皆さんも楽しく心休まるサンクスギビングと勤労感謝の日をお過ごしください。

« Zipcar、やっぱり!な使用感 | トップページ | Thanks Giving »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/9052460

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強不足:

« Zipcar、やっぱり!な使用感 | トップページ | Thanks Giving »