« 勉強不足 | トップページ | Risk Triangle(その1) »

2007年11月23日 (金)

Thanks Giving

20071122_1
20071122_2_2

今日から4日間の長い週末、サンクスギビングホリデーが始まった。
僕としては特に何も祝う気もないし巨大な七面鳥を家で焼く気も無い。最近はさすがに疲れがたまってきていたので、宿題と論文はあるけれど多少はのんびりしたり買い物などに出かけようと思っている。

そんな折り、こちらで知り合った友人が日本での新しい仕事が決まって帰国することになったので送別会に招かれて、今日は結局ホストの家で七面鳥を焼く事になった。写真のようにスーパーでは5kgくらいの七面鳥がごろごろ冷蔵庫に転がっていて、それを皆さん気軽に買っていく。親族一同集まるか友人を集めてパーティーでもしないとさすがに食べられる大きさではないけれど、今日はファストフードチェーン、スーパーマーケット、レストランでさえこぞって休業しているので本当にみんな家で親族一同で集まってパーティしているのかもしれない。

送別会に行ってみると合計12人くらい集まって、しかも半分以上が僕にとって初対面の人たちだったので久々に新しい出会いがあって楽しめた。驚いたのは集まった人の半数が同じ大学の出身者だったこと。世界は狭い。
さらに驚いたのはこれまた半数が、実は僕と同じアパートに住んでいると分かったこと。自分が見ている範囲はもっと狭い。

今回集まったメンバーのほとんどが企業派遣で来ている人たちで、食品、化学、情報と分野は多岐に渡っていた。こういった全然違う産業の人たちと話す機会は貴重でおもしろい。あまりまじめに仕事の話をしたわけではないけれど、どの産業でも抱えている問題の根本は似たようなものでもそれに対する認識や対処の仕方がかなり違う。新しい考え方や発想のヒントがたまに有ったりする。もちろん仕事だけじゃなくて、全く違う趣味の世界や人生観に触れる良い機会なのだ。

おしゃべりしている間になんとか焼き上がった七面鳥は予想以上に大きかった。この大きさの肉塊を切らずに丸ごとオーブンで、しかも各家庭で焼いてしまおうという発想ははっきり言って日本人には無いと思う。もうちょっと手間をかければおいしい料理方法がいくらでも有るとは思うけれどここはアメリカ。
「これに張り合えるのは子豚の丸焼きくらいだねー」
「いやあれはかなり手間がかかるらしくて・・・」
なんて言いながら皆でざくざく解体してクランベリーソースを付けてアメリカンにいただきました。

« 勉強不足 | トップページ | Risk Triangle(その1) »

コメント

>イトウさん
コメントありがとう。クランベリーソース、物が良かったこともあって、意外とターキーとマッチしました。
なんでターキーなんて食べたがるのか不思議なのは相変わらずなんですが。

それにしても世間は狭い。この手の話題はホントに尽きないですね。

七面鳥を焼くんですね!
それにクランベリーソースとは
何ともアメリカン!
世間は狭いハナシですが夫の今の職場には3人日本人がいて、その3人全てが同じ大学出身で、日本にいた頃隣のラボだった人、とからしいです。かくいう私も先日友達のダンナ様が夫と同じ大学でテニス部だったと聞いてちょっとビックリしました。(サークル違ったけど♪)
ホント、世間は狭いですよね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/9071949

この記事へのトラックバック一覧です: Thanks Giving:

« 勉強不足 | トップページ | Risk Triangle(その1) »