« 相変わらず | トップページ | 生き方 »

2008年3月21日 (金)

留学報告

20080320 帰国してからしばらくしてやってきた年度末の忙しさに飲み込まれていたけれど、先週ようやくSDMでの留学結果を会社へ報告する機会があった。

ようやくとはいえ、まだ自分が勉強してきた膨大な内容を端的に表現できる自信はあまり無かったし、30分の中で何を報告するかはかなり迷った。むしろ3時間かけて勉強してきたことを逐一報告する方がいくらか簡単だったかもしれないと思ったくらいだ。

それでも何とか授業や論文研究から学んだことのエッセンスを学生生活やSDMの情報を織り交ぜながら30分、なるべくわかりやすく報告したつもりだ。

質疑応答の最後にトップの人から「行ってきて良かったんじゃないか」と言ってもらうことができたので、この留学と報告会はひとまず成功だったと言っていいのだろう。

SEとは何なのか。そこに普遍の答えはないけれど、システムエンジニアとして必要なことを学んできたと評価してもらえたのかもしれない。もちろん本当に大事なのは「本質的な事を見抜き、チームをまとめて物事を成功に導く力」であって、教科書や学校で勉強できるのは、それを補助する論理的・合理的な考え方でしかない。せいぜい実践を模擬した演習を経験できるくらいだ。

それがとても貴重な経験である事は間違いないにしても、知識をフル活用して実際のプロジェクトを成功させ、効果的に実戦経験を積んでいく事ができてこそ、もう一度「行ってきて良かったんじゃないか」と行ってもらえるんだろうと思う。

そして、これから自分がすべきもう一つ大事なことは、学んできたことを社内外を問わずできるだけ多くの人に伝えていくこと。SEは1人ではできないし、何よりもったいない。
社内向けには企画を進めているけれど、社外の人でも希望が有れば時間とお金が許す限り対応するのでまずはメールでの連絡を待っています。

(写真はアメリカに向かうときに友人に預けたボケの木。なんと1年間しっかり育ててくれたおかげで、見事な花を咲かせてくれた。感謝!)

« 相変わらず | トップページ | 生き方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/11582658

この記事へのトラックバック一覧です: 留学報告:

« 相変わらず | トップページ | 生き方 »