« Pose & Learn | トップページ | 上下のバランス »

2008年11月14日 (金)

Employment Report

20081114_employmentreport MIT/SDMのホームページに2007年-2008年のEmployment Reportが出ていたのでさっそく読んでみた。自分には関係ないけれど、ここに含まれる卒業生の多くは自分のクラスメイトなのだからどうしても気になってしまった。毎年同じ内容が書かれていることは知っているけれど、やっぱり今年もうなってしまうのが年俸だ。

基本給$90,000-$155,000、平均値$121,067、中央値$120,000。
平均値だけじゃなくて中央値までちゃんと出している几帳面さというか理系魂に感心するけど、何よりもエンジニアやエンジニアリングマネージヤの給料の高さはすごい。

そして噂では入学前と卒業後で基本給が平均$20,000ほども上がるというのだから仕事をやめて1~2年という時間と$100,000~$150,000を大学での教育にかけても長期的には元がとれる見込みがある。そしてそれがSDMの直接的な「価値」というわけだ。

ちなみに教育の価値が金額で表されるなんてビジネススクールだけちゃうん?と思うかもしれないがCarrier 0fticeでは学位および学科毎に卒業後に得た平均給与が公表されている。

日本の大学ではなかなかここまでしない。
決して良し悪しの問題ではなく、単に大学の価値を計る一つの物差しとして大学と学生が何を使うかの違いだ。
この違いはいかにも日米の価値感や大学の目的の違いを表していて面白いと思うのは僕だけだろうか。

« Pose & Learn | トップページ | 上下のバランス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/25332448

この記事へのトラックバック一覧です: Employment Report:

« Pose & Learn | トップページ | 上下のバランス »