« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月 9日 (金)

19 Streaks Win!

20090108_19_streaks_win もう既に去年の話になってしまったけれど、このブログで何度か紹介しているボストンのNBAチーム、Ceiticsが昨シーズン優勝の勢いそのままに今年も絶好調だ。
なんと!チ一ムレコードとなる19連勝を達成して年が明けた今もリーグトップをひた走っている。シーズン82試合しかない中での事だから当然勝率も一時は9割を軽く超えていた。いかにすごいかわかってもらえるだろうか。

しかし本当にこのチームがすごいのは、これだけの結果を残していながら、個人成積では得点、リバウンド、シュート成功率などの主要項目で、誰一人としてリーグトップ5に入っていないことだと思う。NBAのホームページで公表している9項目のうち、スティール(相手からボールを奪うこと)でRondoが3位に入っているのが唯一なのだ。

それではチームが地味かというとそんなことはない。個性あふれるプレイヤーばかりだ。それががっちり噛み合って活躍している。誰もが決して独りよがりにならずに、みんなのために、そしてここぞと言うときにはみんなが1人のために力を合わせている。
何か技術的にずば抜けていて、敵を圧倒するようなプレイヤーがいるわけではないけれど、チームリーダーが精神的な支柱となって、皆が皆の力を発揮させるように動いている。

往年のマイケル・ジョーダンのようにどんなに苦しい状況でも、あっと驚くような技を見せつけて必ずと言っていいほど得点を決めて、もうゲームの流れや雰囲気まで自分でコントロールしてしまうような「神様」は別として、チームの1/3くらいの得点を挙げることが頻繁にあるような、誰にも止められないようなプレイヤーがいても負け続いているチームもあるのだからバスケットは面白い。

ここ2年間のBostonは、チームとは何かと言うことをそしてリーダーシップとは何かを一つの形として教えてくれている気がするのだ。

2009年1月 5日 (月)

Year 2009

20090105 旧友達と地元の神社に参って2009年を迎え、娘に振り回されながらも家族や友人とゆっくりと休みを過ごし、今日からまた一年の日常がスタートした。

修士論文の仕上げと帰国の手続きに追われて普通の一日として新年を迎えた2008年、そして何より身重の妻と2人でボストンに渡り無我夢中で生活を立ち上げて三が日も明けぬ間に始まる未知なる学生生活にドキドキしていた2007年と比べると、久々に落ちついて迎えた新年は静かすぎてどこか物足りない気がしたけれど、リフレッシュする時間があって時々は落ちついて物事を考えながら過ごせる新年はいいものだと改めて思う。

それでも、何故かあの辛いほどにエキサイティングだった2007年の正月を懐かしく思ってしまう。もう一度やり直すならもっと上手くやれるのに、あんなことはしない、こんなことはしたかった色々と考えることは有るけれどそれは自分が成長したからだと考えることにしたい。まぁもう一度やり直せと言われてもしばらくは嫌だけれど。

自分のことはさておき、今頃は地球の裏側ではSDM'09の新入生達が期待に胸を膨らませながら自己紹介のプレゼンを行っているはずだ。そして今年は1人の日本人が加わっている事をとても嬉しく思う(彼のことをここでは仮にケニーと呼ぼう)。
SDMはタフなプログラムであることは間違いないけれども、自分から積極的にチャレンジすればそれだけ自分のためになる事を学べるプログラムだ。ケニーにはボストン生活をエンジョイしつつ、是非とも仕事に役立つ事を沢山得て大きくスキルアップすると共にかけがえのない仲間を作ってきてほしい。

自分もあの頃の興奮を思い出しながら静かに地に足をつけて一年間頑張っていこうと思う。

そしてこのブログを読んでくれている皆さんにとっても今年が良い年でありますよう。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »