« Casher's Check | トップページ | 流れ星 »

2009年2月14日 (土)

Casher's Check ~サインと印鑑~

20090213_ アメリカの銀行を解約してCashier's Checkで送られてきた残金を何とか安い手数料で換金するために、妻が口座を持つ海外の銀行の日本支店がたまたま職場の近くにあったので代理人手続きをしに行ってきたことは前回の記事に書いた。

チェックの裏書きには妻のサインがしてあるし、代理人手続きの用紙には妻の口座印と代理人(つまり自分)の印が押してある。日本のために印鑑がOKだなんてさすが世界に展開する銀行だけあって地域の文化に対応しているのは感心だ。銀行の窓口でそれらをさっと出すと、窓口の人も慣れたもので手続きは順調に進んでいた。

が、手続きの最後に一つ余計に書類を書かなくてはならなくなった。アメリカでの口座は夫婦共同名義のJoint Accountだったので当然チェックの表には夫婦両方の名前が書いてある。なので一方の口座に振り込むことを共同名義人が承諾する書類が必要だと言うことらしい。
承諾書くらい喜んで書く。そもそもそのためにきているのだ。するとそこで問題が起こった。なんと、承諾書には印鑑が使えずサインが必要で、しかも口座を持っていない人は公的書類(=アメリカなら免許証などにサインが入っているのだが、日本ではパスポートのみ)と照合が必要だと言われてしまった。
代理人手続きは印鑑で済ませられるのにといっても、さっきわざわざ免許証を求められ番号まで控えられて本人確認したはずだと言っても、パスポートがない人はどうするんだと言っても、サインの照合が出来なければ受け付けられないの一点張り。パスポートを持ち歩いている訳もないので出直すことになってしまった。

特殊な事例の中のさらに特殊な例なのかもしれないが、ローカライズするならば徹底して欲しい。中途半端にローカルニーズに応えると結局サービスを受ける人がダブルスタンダードに振り回されて、両方に対応しなくてはならなくなる。これは反って非効率だ。ケータイではないけれど物事はやっぱりシンプルでなくては。

この銀行の問題だけではなくて、システムやサービス構築の時には覚えておいて良い教訓だと思う。

(写真は昔に親が就職祝いにくれた印鑑セット。歳に合わせて活躍の場は増ばかりだ)

« Casher's Check | トップページ | 流れ星 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/28000688

この記事へのトラックバック一覧です: Casher's Check ~サインと印鑑~:

« Casher's Check | トップページ | 流れ星 »