« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月13日 (土)

Just face it!

20090613_justfaceit 大きな恥をかく前に小さな恥をかいておく。前回の記事ではそんなことを書いた。もちろん小さな恥もかかずに何事も完璧にこなしていく人たちはいるので、恥は必ずかくべきだと言うつもりはない。

自分はそういった経験をしないと、なかなかやる気にならないという困ったの性格を元来持っているようだし、それはどうやらずっと付き合っていかなければならないようなのでそうしているだけの話だ。そして何よりも、周りの目を気にして取り繕っても、最後にはそこで回避した問題以上に自分が困ることになると信じているからだ。

こういったことを学んだのは実は高校生の時だ。今回はその話を書こうと思う。

僕が通っていた高校は、少なくともその当時はちょっと変わったポリシーを持っていた学校だった。「誇りある自由と規律」と言う歌詞が校歌にも出てくるように校則は学生手帳にも一切書かれていない。あくまで学生が規律というものを理解して、学生たるべき行動を自分の責任において行うべきであり、教師はあくまでセイフティーネットであるとのポリシーだった(教師の中でも色々なスタンスの人がいたが、少なくとも学校の体制としてはそうであった。今でも僕はそう理解している)。

もちろん高校生にそんなことが100%理解できるはずもなく、制約のある自由とは何か、教師と衝突することもあったけれどそれも教育のプロセスだったのかもしれない。当時はそんなスタイルに対しては好きとも嫌いとも思わなかったけれど、入りたいと願った大学は自由な校風で知られる大学だったのだから、多少は感化されていたんだろう。

そういった自由なスタイルが好きでも嫌いでもないと言ったけれど、一つだけは明確に誇りに出来る校風があった。それは中間テストや期末テストの時に試験監督を付けないというやり方だ。つまり先生は試験問題を配って、「始め」というと教員室に帰ってしまい、終わりにまたやってきて「やめ」と言って解答用紙を回収するのだ。

やろうと思えば堂々と好きなだけカンニングが出来る。それでも3年生にもなるとカンニングをする生徒なんて特別な事情を抱えた奴以外はほとんどいなかったんじゃないかと思う。なぜなら、大学受験が現実のものになってくると、カンニングをやって欺いているのは教師ではなくて自分自身だということに気づくからだ。いくら期末試験で良い点数を取ったとしても、それは自分の実力ではないのはその本人が一番よく知っている。
いくら出来なさそうだと分かっていても、自分の実力と向き合っていくしか選択肢は無いことを思い知らされるのだ。かなり前にこの伝統は無くなってしまったらしくとても残念だ。

自分自身から逃げるのは簡単。でもそれはたいていの場合問題を大きくするだけだ。

思い出しても好きな先生とか尊敬している先生なんてほとんどいないけれど、そんなことを教えてくれた学校は好きだったりするから不思議なものだ。

(※後日談)母校では、いつのまにか試験監督をまた廃止したらしいとのこと。経緯は知らないけれど、ユニークで貴重な伝統の復活はとても嬉しい。

2009年6月11日 (木)

大きな恥をかく前に

20090611__3 PMPというプロジェクト・マネジメントの資格試験を受けるために久々に詰め込み型の研修を受けてきた。この資格、取得するために公認の教育機関や企業によるトレーニングを受けなければならないので、ビルの一室に丸々3日間こもって予備校生みたいな生活を送っていた。。

300ページ近いテキストを踏破して、かなりの量を暗記するのは高校生の時と違ってかなり辛かった。毎日6時過ぎに終わるのだが、さすがにその後は職場に戻っても集中力が保てなくて早々に仕事をすることはあきらめて職場を後にした。帰りの電車の中で復習しようとしても頭の回転が明らかに遅くてあきらめた。普段使わない脳みそをいじめ抜いて、毎晩脳みそが痺れている感じの3日間だった。

こういう研修の時には、初日は少し早く会場入りして一番前の席に座ることにしている。真ん中にスクリーンがあって片隅に講師の席、スクリーンを挟んで逆の端にホワイトボードが有ることが多いので、ホワイトボード側の最前列が僕にとってはベストだ。経験上、この席は講師と目が合うことが一番多いので、自然と当てられる回数も増えるし質問もしやすい。

後ろの方でじっと聞いている方が性に合っている人もいるかもしれない。でも講師と出来るだけコミュニケーションを取る方が教えられた内容をちゃんと理解・記憶できて試験合格への近道だと考えてそうしている。

講師もさすがに資格試験研修のプロだけあって、講義の中で出てきたキーワードを受講者が覚えているか、頻繁に指名して答えさせる。さらには皆で復唱させる。
そんなスタイルもこちらの思惑通り、受講者の中では一番多く多く指名されたし、説明を聞いた後でちょっと悩んでいて目を合わせるだけで「何かあります?」と聞いてくれたりして色々と良いタイミングで質問することも出来た。

とはいえ、指名されたときに正解が言えた確率は他の受講者とほとんど変わらなかったと思う。つまり指名が多かった分だけ誤答したり何も言えなかった事も多かった。それでもそういうときこそ良く覚えられる気がするので僕はこのスタイルを続けている。試験に落ちるという大きな恥をかくよりも、研修で小さい恥を沢山かいておく方がいい。

誤答したり試験に落ちることを「恥」と呼ぶのはいかにも日本的、と言われそうだけれど、過去の社内での合格率は100%、今年で双葉山の連勝記録をも上回る(年輩者談)ので不合格者第1号が出た際にはその名を冠した記念トロフィーを作って、不合格者で持ち回るなんて恐ろしいアイデアも出ているので、その名誉を拝しないようあと一ヶ月しっかりと頑張ろうと思う。

(写真はPMPの公式ガイドブック(PMBOK)第4版。左の日本語版は試験が第4版準拠になる7月1日の前日に発売予定というおまけのハードル付きだ)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »