« Just face it! | トップページ | 型と実践 »

2009年7月 4日 (土)

JAM

20090704_jam 数日前、仕事を終えて夜遅くに家に帰ってきてテレビをつけたら1997年のNBA Final、シカゴ・ブルズ対ユタ・ジャズの第6戦を放送していた。
マイケル・ジョーダン、スコッティー・ピッペン、ジョン・ストックトン、カール・マローン。今となってはみんな往年の名選手と呼ばれておかしくない。そして脇役にしておくには惜しいトニー・クーコッチ、ジェフ・ホーナセック、懐かしさがこみ上げてくると同時に自分が歳を取ったと認めてしまわなくてはならない瞬間だ。

そして、紙吹雪が舞う中でマイケルが笑顔でチャンピオン・トロフィーを掲げている姿を見ていたとき、急に頭の中に流れてきたメロディーが、もう一人のマイケル、もう一人のMJ、もう一人のスーパースター、マイケル・ジャクソンのJAMだった。

当時の僕は、彼のダンスを見るためにPVやライブ映像をVHSでよく観た。CDを聞くよりも回数は多かったんじゃないかと思うくらいよく見た。記憶に残っている曲はたくさんあるけれど、その中でもJAMという曲のPVの中でのマイケル・ジャクソンが一番印象に残っている。
バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンと一緒に廃屋の中のコートでボールを負う、子供のような無邪気な彼の笑顔は他で見たことがない。あれはスーパースターではなく、マイケル・ジャクソンという1人の男の素の笑顔だった。

今さら彼について書くのもはばかられるほどに時間が経ってしまったけれど、彼の訃報を聞いて最初に思ったのは、スーパースターとして万人に存在を知られつつも、彼を嫌いだったり、良く思わない人も多かったな、と思ったこと。
僕は人に限らず、物やサービスでも、誰もが褒めている場合はいつも少し疑ってかかることにしている。そういう物は大抵の場合、限られたコミュニティーの中でしか認知されていないか、興味を持たれていない可能性が高いからだ。
だから、多くの人が褒めつつも評価が割れているようなものこそ、手に取ってみる価値があると僕は思っている。

そういうコンテクストにおいて、彼のパフォーマンスは圧倒的に本物だったなと思う。彼のことを説明しようとしても、何かに例えるとか、分類するなんてことはとても難しく、ただただ、マイケル・ジャクソンであるとしか言いようがない。

彼の死を巡る報道では、晩年の人生の影の部分が多く伝えられているけれど、天国ではあのJAMのPVの中で見せたような屈託のない笑顔で楽しんでいることを祈るばかりだ。

黙祷。

« Just face it! | トップページ | 型と実践 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176692/30409219

この記事へのトラックバック一覧です: JAM:

« Just face it! | トップページ | 型と実践 »